yuukiさんのマイノート

(無題)

研究 | 閲覧数: 174 | 作成: 2018/09/24 | 更新: 2018/12/02 22:47

テーマ図

floodgateの棋譜データベースの作り方

Windows 7を使用。
  1. floodgateからwdoor2018.7zなどを適宜ダウンロードし、7-Zipなどで解凍する(解凍先を仮にC:\Users\Yuuki\Desktop\floodgate\wdoor2018とする)。
  2. MSYS2をインストールし、Perlをインストールする。
  3. cd /c/Users/Yuuki/Desktop/floodgate/wdoor2018/2018する。
  4. time find . -maxdepth 1 -type f -name '*.csa' -print0 | xargs -r0P0 grep -lZPa '\0' | xargs -r0P0 perl -i.bak -plE 's/\0//g'でNUL文字を除去する。
  5. https://pastebin.com/eAxbKVEtで文の途中からのコメントを新しい行に移動する。
  6. KKCでCSAをKI2に変換する(変換先を仮にC:\Users\Yuuki\Desktop\floodgate\wdoor2018\2018_KI2とする)。
  7. 「アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました」というエラーが発生した場合、続行をクリックする。
    1. KKCの右下の数字を見て、何番目の棋譜まで変換できたかを確認する(仮に21803/44201と表示されていたものとする)。
    2. time find . -maxdepth 1 -type f -name '*.csa' -print0 | LC_ALL=C sort -fz | head -zn 21803 | xargs -r0P0 rmで変換し終わった21803個の棋譜を削除する。
    3. time find . -maxdepth 1 -type f -name '*.csa' -print0 | LC_ALL=C sort -fz | head -zn 1 | xargs -r0P0 mv -t ..で変換できなかった棋譜を親フォルダに移動する。
    4. 6に戻る。
  8. 変換できなかった棋譜はKifu for Windows V6でKI2に変換し、2018_KI2フォルダに入れる(拡張子は大文字のKI2にする)。
  9. 複数の年の棋譜をまとめるには、例えばC:\Users\Yuuki\Desktop\floodgate\KI2フォルダを作成し、tar cf - . | tar xpf - -C ../../KI2でコピーする(pacman -S tarでtarを入れる必要があった)。
  10. 棋譜DB作成プログラムでKI2から2chkifu.bin、2chkifu.hdrを作成する。
  11. マイボナをダウンロードし、MyBona.exeと同じフォルダに2chkifu.bin、2chkifu.hdrを配置する。
  12. マイボナを起動し、棋譜DBをONにする。数字をクリックすると指し手が進む(数字にマウスオーバーするとデータが表示され、*は最初に指した人を意味する)。ツール->棋譜検索では手数が異なる局面も検索することができ、検索結果の任意のセルをクリックしてコピーし、編集->棋譜/局面貼り付けで棋譜を表示することができる。
この方法では時間切れ、256手引き分けなどで終わる棋譜が取り込めないようである。

将棋とは何か

将棋の歴史

戦法の歴史

最善手の定義

初手の最善手

序盤の最善手は、どの戦型が最善かによって決まる。
仮に将棋は双方最善手を指すと以下のいずれかの戦型になるものとする。 先手の有利度が
  • 横歩取り (Mate 100) > 角換わり (Mate 110) > 矢倉 (Mate 120) > 相掛かり (Mate 130)
であると仮定すると、
  • ▲7六歩
    • △8四歩
      • ▲2六歩
      • ▲6八銀
    • △3四歩
      • ▲2六歩
  • ▲2六歩
    • △8四歩
      • ▲7六歩
      • ▲2五歩
    • △3四歩
      • ▲7六歩
の順に最善となり、初手▲7六歩と▲2六歩は等価である。
初手▲7六歩と▲2六歩が等価でないのは以下のケースに限られる。
  • ▲7六歩 > ▲2六歩
    • 横歩取り > 矢倉 > 角換わり or 相掛かり
  • ▲2六歩 > ▲7六歩
    • 横歩取り > 相掛かり > 矢倉 or 角換わり

奇襲戦法

横歩取り模様からの先手の変化

▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲2四歩(7手爆弾)△同歩▲同飛
  1. △8八角成▲同銀△3三角▲2八飛
    1. △2七歩▲5八飛△8六歩▲同歩△同飛▲7八金
    2. △2六歩▲7七銀△2二飛▲3八金
  2. △3二金▲7八金△8六歩▲同歩△同飛
    1. ▲2二飛不成△同銀▲7五角(▲7五角戦法)
    2. ▲3四飛△3三角▲同飛不成△同桂▲7七角打(竹部流)

角換わり模様からの後手の変化

▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩
  1. ▲2五歩△8六歩(6手爆弾)▲同歩△3四歩▲2二角成△同銀▲8八飛
  2. ▲7七角△3四歩▲8八銀△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△3二銀▲5六歩△4三銀▲6八角△2二飛(陽動向かい飛車)

相掛かり模様からの先手の変化

▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩
  1. ▲2四歩(5手爆弾)△同歩
    1. ▲同飛△8六歩▲同歩△8七歩▲2三歩△8八歩成▲同銀△3五角▲2八飛△5七角成▲2二歩成△同飛▲2三歩△8二飛
    2. ▲7六歩
      1. △8四飛▲6六角
      2. △3四歩(7手爆弾)
      3. △3二金▲2四飛△2三歩▲2六飛
    3. ▲7八金
      1. △8四飛▲7六歩
      2. △3二金▲2四飛△2三歩▲2六飛
  2. ▲9六歩△3二金▲9七角△6二銀▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛(端掛かり)

振り飛車模様からの後手の変化

▲7六歩△4四歩(パックマン)
  1. ▲同角△4二飛▲5三角成△3四歩
  2. ▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△4二飛▲6八玉
    1. △4五歩
    2. △6二玉▲7八玉△7二玉▲5六歩△8二玉▲7七角△9二香(一直線穴熊)

初手▲7八飛

▲7八飛
  1. △8四歩▲7六歩△8五歩
    1. ▲7七飛(▲7七飛戦法)
    2. ▲7七角△3四歩▲4八玉△7七角成▲同桂△4二玉▲3八玉△6二銀▲8八飛△3二銀▲8九飛
  2. △3四歩
    1. ▲7六歩(3手目▲7八飛)
    2. ▲4八玉△8四歩▲3八玉△8五歩▲7六歩△4二玉▲7五歩△3二玉▲7六飛(升田式石田流)

先手番で後手番になる

▲6八金
  1. △3四歩▲7八金(2手目△3二金
  2. △8四歩▲7八金(2手目△3二金
▲1八飛
  1. △3四歩▲7八飛(2手目△3二飛
  2. △8四歩▲7六歩
    1. △3四歩▲6八飛(4手目△4二飛
    2. △8五歩▲7七角△3四歩▲8八飛(6手目△2二飛

将棋用語

間遮(あいしゃ)する

「合駒する」の通な言い方。渡辺明がタイトル戦の感想戦で使用[要出典]。

玄妙

飛車の上下運動、ぼんやりした角打ちなど、狙いがはっきりしない妙手をあらわす語。妖しい(手)。高等戦術。

シルバー

銀の俗称。「銀」と「金」の発音が紛らわしい場合に、銀であることを強調していう。

コメント

コメントを投稿するにはログインして下さい。

コメントはまだありません。