棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

先手が▲8八飛と相振り飛車を明示した局面で、先手向かい飛車対後手三間飛車の戦型における代表的な局面の一つ。
後手は△7二銀から玉を囲っており、△7一玉型の美濃囲いに組む狙いがある。
(対抗形と同じ△8二玉型の美濃囲い(参考図)は上部からの攻めに対して当たりが強く、相振り飛車にはあまり向かないとされている。)
この戦型では10手目を△7二玉としている場合も多く、美濃囲いには組みにくいが金無双や穴熊に組める違いがある。

主な変化

後手はここで△3六歩と突いて飛車先の歩を交換しにいくのが一つのタイミングである。
▲8八飛以前の局面で△3六歩だと▲同歩△同飛に▲3八飛と手損せずに飛車をぶつける手段があるためで、
それを避ける意味で▲8八飛を見てから△3六歩と突くことが多い。

△3六歩

飛車先の歩を交換しにいく手。
以下▲同歩△同飛に、先手は▲2八銀から矢倉を目指すのが有力である。

△5二金左

作戦を保留する手で、先手の進行例として▲8六歩から飛車を活用するものがある。

参考データ

類似局面

変化点リンク
10手目に△7二玉としている局面Go

本局面を解説内で参照している他の局面




       
  
       
        
         
 
       


注目指数 448
見る
三間飛車対向かい飛車


 
      
 
         
        
       
        
 


注目指数 339
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。