棋譜統計


解説

相横歩取り飛車交換型の一変化で、飛車交換から先手が☗4六角と打ったのに対して後手が☖6四歩と受けた局面。

候補手

①☗2八飛

プロの主流。「敵の打ちたい所に打て」の格言の通り、☖2八歩と叩く手筋を防いでいる。

②☗8二歩

後手陣の形を乱す叩き。

その他

☗6四同角はそこで☖2八歩と叩くのが狙い。☗9一角成は☖2九歩成、☗2八同銀は☖2四飛で先手不利。従って☖2八歩には☗2七飛と打ち返すのが正しく、以下☖2九歩成☗同飛☖2二歩と局面を収めてほぼ互角の戦い。
竜を作る狙いの☗8三飛☖2七角と打ち返す手がある。☗3八銀なら☖5四角成と引き付ける。☖2七角に☗5三飛成なら、☖5二歩☗8三竜のときに☖4九角成☗同玉☖3八歩☗2八銀☖3九金☗同銀☖同歩成☗同玉☖5八飛と強襲されて先手不利。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取りamz羽生 善治将棋連盟1994

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+548dolphin 1/illqha 1.12019年8月☗2八歩☖5二玉探索深さ:34/51 探索局面数:2,279,476,252

本局面を解説内で参照している他の局面

相横歩取り



歩3
 
        
    
        
         
        
  
        
  


歩3
注目指数 1352
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。