棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

先手石田流三間飛車の出だし。
ここから対抗型(早石田、石田流本組み)もしくは相振り飛車になる。

次の一手

△8四歩

飛車先を伸ばし居飛車を明示した手。 以下▲7八飛△8五歩と進めば早石田や升田式石田流といった角交換系の戦型になる。

△6二銀

居飛車を志向する手。 以下は▲7八飛と飛車を振ってもいいし、▲6六歩と角道を止める手もある。

△4二玉

早石田を避け、石田流本組みの戦型を志向する手。
以下▲7八飛とすると△8八角成~△4五角があり、反撃手段である▲7六角が効かなくなっているため、通常先手は、▲6六歩から本組みを目指すことになる。但し敢えて▲7八飛とし以下、△8八角成▲同銀△4五角▲5八玉△2七角成に▲7四歩と反撃する手法もある。

△5四歩

相振り飛車もしくは対抗型を志向する手。こちらも以下▲7八飛には△8八角成▲同銀△4五角の仕掛けがあり、以下、▲8五角△8四歩▲6三角成△5二金右▲6四馬(▲4六歩もある)△6二飛▲4六馬△6七角成▲6八歩△6六馬▲4八玉△4四馬の進行が定跡化されており、この進行はお互い馬を作っているが先手が6八歩と屈伏形であることと、馬のにらみにより左銀が使いづらいことにより、後手が十分とされている。そのため、先手は以下▲6六歩と角道を止めてから駒組みを進める場合がほとんどである。

△8八角成

角を変え、▲7八飛と振る手に△4五角を用意し先手の石田流をけん制し、▲7五歩を咎めようという一手。 先手の対応は▲同銀と▲同飛に分かれる。

その他

相三間飛車戦にする△3五歩や角道を止めて相振り飛車にする△4四歩△1四歩とし▲1六歩と受ければ相振り、受けなければ△1五歩と突き越し居飛車を目指す作戦もある。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
佐藤康光の石田流破り (SATO Yasumitsu’s SHOGI)amz佐藤 康光毎コミ201026

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
        
 
       


注目指数 10334
見る



       
 
        
         
        
 
       


注目指数 8785
見る
鬼殺し


       
 
        
         
        
       
 


注目指数 1713
見る



       
         
         
         
       


注目指数 926
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。