棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

飛車落ちの下手右四間飛車定跡の基本局面。下手が▲7八玉~▲7七角~▲8八銀~▲8七銀の順で囲うとこの局面に至る。上手の次の手には様々な選択肢があり、それぞれに対して下手は適切に仕掛けを選んでいく。

上手の候補手と下手の仕掛け

△6五歩

もっとも自然な手。これに対しては、すぐに▲4五歩△同歩▲同銀の仕掛けが成立する。この変化は△6五歩を逆用する筋が伏線となっており、下手右四間飛車定跡の最も基本となる定跡である。この仕掛けが成立する条件は、上手の玉が7二にいることと、2六の地点が空いている(▲2六歩が突かれていない)ことである。

△6二玉

△6五歩を保留する手待ちで、玉を5三の地点に利かせることにより、前述の▲4五歩△同歩▲同銀の仕掛けの狙い筋を消している[1]
これに対しては、下手は▲2六歩△2四歩としてから、1筋・2筋・4筋の突き捨てを組み合わせる仕掛けを狙う。

△2四歩▲2六歩△4二銀

△4二銀は上手の変化球で、▲4五桂が銀に当たらないという意味。また▲3一角の筋も防いでいる。そのため▲4五歩△同歩▲同銀の仕掛けは△同桂に後続手が無く成立しない。また▲4五歩△同歩▲同桂とするのも、△4四歩とされ、▲3三桂成に△同銀と取れることがポイントで、上手陣が固くなり攻めが難しくなる。(▲2九飛から▲2五歩△同歩▲同桂の筋も、△2四歩とされ同様。)
△4二銀に対しては、▲6六角△6五歩▲8八角というひねった手段があり、▲7七桂と活用して、△4二銀により薄くなった玉頭で戦いを起こしていく。

脚注

  1. ▲3一角と打って2二と5三に両取りを掛ける筋が成立しない

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
【決定版】駒落ち定跡amz所司 和晴毎コミ2010229

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面を参照している他局面のマイノート



桂2
       
      
      
  
       
    
     
      
     


上手の△9九角成の変化と、その対策についての研究研究Hidetchi31ヶ月前919ビュー