棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

先手が▲7七角と上がり、次に飛車を振って相振り飛車にする方針を見せた局面。
▲7八飛から三間飛車にするには▲7七角型は飛車先が重く、また四間飛車を目指す場合は▲6七銀型を作ってから飛車を振る必要はない。よって、先手は▲8八飛から向かい飛車にすることが予想される。
先手はすでに▲6七銀~▲7七角を指して形を決めているため居飛車にはしづらいが、高田尚平が得意とする高田流左玉のような作戦は考えられる。

後手の方針

後手には主に、△7二玉や△7二銀から駒組みを進める手と△3六歩から飛車先の歩を交換しにいく手、△5二金左や△4二銀として作戦を保留する手がある。

△7二玉

駒組みを進める手で、ここから金無双や穴熊に囲う作戦である。
美濃囲いを目指す場合は△7二銀から囲うのが一般的で、△8二玉~△7二銀の美濃囲いは上部からの攻めに対して当たりが強く、相振り飛車(特に対向かい飛車や対三間飛車)にはあまり向かないとされている。

△7二銀

美濃囲いを目指した手で、△6二玉型のため場合によっては矢倉にも組み換えやすいのが特徴である。
ここから△7一玉と入った形(参考図)が上部からの攻めに対して遠く、前述の△8二玉型より有力とされている。

△3六歩

飛車先の歩を交換しにいく手で、△3六歩▲同歩△同飛に先手は▲8八飛と飛車を振っておき、次に▲2八銀から矢倉を目指す進行が一例である。
しかし、現局面から△3六歩▲同歩△同飛には▲3八飛と手損なく飛車をぶつける手があるため、▲8八飛と飛車を振ったのを見てから△3六歩と飛車先の歩を交換しにいくことが多い。
なお、▲3八飛とぶつけられた際△同飛成▲同銀と応じては先手がかなり手得しているので、△3二飛と引くのがこの際の手筋となる。

△5二金左△4二銀

作戦を保留する手で、先手の指し方を見てから囲いを決める狙いがある。

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
羽生善治広瀬章人王位戦2011/07/12後手勝△3六歩から金無双対美濃囲いの戦いに。棋譜

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。