棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

相横歩取り戦法が確定した局面。先手の対応の分岐点でもある。

相横歩取り戦法とは

平成以降主流となっている3三角戦法に比べて序盤で大駒交換が行われるため特に後述の▲7七銀型の場合非常に激しい展開に進む可能性がある。 昭和後期から平成初期までプロ間でも盛んに指されたが、それ以降は先手が良しとみられておりプロ間で現れるのは稀である。

▲7七銀型

最も主流な対応。
△7四飛に対して▲同飛が先手の最強の対応で非常に激しい展開となる。▲3六飛も良く指さされており、後手に主張を通された嫌いはあるが、プロの公式戦ではこちらのほうが実践例が多い。[1]

▲7七桂型

▲7七桂型は好機の▲6五桂が狙え機動性が高い指し方だが、反面▲8八銀が使いにくいという欠点もある。[2]

▲7七歩型

7、8筋に駒が密集してしまうためプロ間では稀な指し方だが、北島忠雄は著書「乱戦!相横歩取り」ではそれなりの主張があり、侮れない指し方との見解を述べている。

脚注

  1. 北島忠雄著「乱戦!相横歩取り」p131
  2. 北島忠雄著「乱戦!相横歩取り」p148

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
マイコミ将棋BOOKS 乱戦!相横歩取りamz北島 忠雄毎コミ2011

本局面を解説内で参照している他の局面

横歩取り

歩2
 
       
   
        
         
       
   
       
 

歩3
注目指数 1804
見る
横歩取り


歩2
 
        
   
        
         
       
   
       
  


歩3
注目指数 741
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。