棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

後手四間飛車対右四間飛車に現れる局面で、先手が▲3七桂型に組み、後手が△5四銀と相腰掛銀で応じているのが特徴である。
先手にとっては急戦、持久戦といった作戦の分岐点である。

先手の作戦

先手はここから▲2五桂と攻めに出る手と▲1六歩を突いて準備を整える手のほか、▲8六歩からいったん左美濃に囲う手がある。
なお、右四間飛車の仕掛けは▲2五桂で角の位置を変えてから▲4五歩と仕掛けるのが定跡で、単に▲4五歩だと△同歩▲3三角成△同桂と応じられうまくいかない。

▲2五桂

▲2五桂に△2四角には▲4五歩と仕掛け、△同歩には▲1一角成で先手の攻めが決まる。
△2二角にも▲4五歩と仕掛けていき、△同歩なら▲2二角成△同飛▲8八角で先手優勢である。
よって△2二角▲4五歩に後手は△2四歩から桂馬を取りにいく。以下は▲4四歩△2五歩▲4五銀△同銀▲同飛△5四銀▲2五飛△4四角▲同角△同飛▲2一飛成△4九飛成が定跡化された進行で、ほぼ互角の形勢である。
しかし、この局面から▲2五桂と仕掛けるのは△1五角が後手の最強の応手で、先手は先に▲1六歩を突く必要があるとされている。

▲1六歩

前述した▲2五桂に△1五角の変化を消すための手で、俗に居飛車の税金と呼ばれる一手である。
後手は△1二香として香車を取られにくくしておくのが一例で、先手は仕掛けが少し遅れてしまうのがネックになる。
よって▲3六歩~▲3七桂ではなく▲1六歩~▲1七桂と端歩を突きつつ桂馬を活用する形(参考図)が、桂馬を跳ねた後の△3七角の打ち込みも消しておりより有力とされている。

▲8六歩

左美濃に組むための一手で、玉を固めてから仕掛けに出る作戦である。
後手も△7四歩や△8四歩から玉頭に厚みを作って待機することが多く、先手は場合によっては▲9八玉型の端玉銀冠(参考図)に組んでさらに固めることもできる。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。