棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

上図はゴキゲン中飛車戦法の基本図である。
上図に至る手順は、(初手から)☗7六歩☖3四歩☗2六歩☖5四歩☗2五歩☖5二飛など。
後手が☖3三角の一手を保留しているため、先手は上図以下☗2四歩から飛車先の歩交換ができるように見えるが、それは誘いの隙である。

候補手

☗2四歩
「☗2四歩早突き型」の定跡手。急戦になる。
☗5八金右
「☗5八金右超急戦」の定跡手。急戦になる。
☗7八金
「☗7八金型」の定跡手。持久戦模様になる。
☗2二角成
「丸山ワクチン」の定跡手。持久戦模様になる。
☗4八銀
「超速☗3七銀」「一直線穴熊」の定跡手。

ゴキゲン中飛車戦法

ゴキゲン中飛車戦法は、角道を止めないいわゆる角交換振り飛車に分類され、先駆け的な存在である。 後手番戦法でありながら長らく勝率5割を上回る好成績を残し、将棋界に一大ブームを巻き起こした。 考案者の近藤正和はその戦法の優秀性が認められ升田幸三賞を受賞している。

特徴

本戦法の長所は、次に☖5五歩と5筋位取り中飛車へ無理なく組める事にあり、これにより居飛車の角が活用し辛い点が挙げられる。 また、好機に☖5六歩と突き出した時に飛車と角が同時に働くため攻撃力が高い。
2筋に歩交換の隙がある様に見えるが、角交換から☖3三角といった切り返しが用意されている。 そのため、居飛車が2筋の歩交換を主張する場合には☗7八金や☗5八金右、位取りを許容する☗4八銀、角交換して局面を鎮静化する丸山ワクチン(☗2二角成)といった対策が講じられている。

各定跡へのリンク

ゴキゲン中飛車に対し先手は、急戦を仕掛けるか持久戦を仕掛けるかを選択することになり、各々に定跡が存在する。[1]
急戦
  1. ☗2四歩早突き型(後手良し)
  2. ☗5八金右超急戦(結論が出ていない)
  3. 森下流二枚銀急戦[2] (後手良し)
  4. 超速☗3七銀(結論が出ていない)
持久戦
  1. ☗7八金型(後手指せる)
  2. 丸山ワクチン(結論が出ていない)
  3. 一直線穴熊(結論が出ていない)

脚注

  1. 現代振り飛車ナビ 各定跡が丁寧に解説されているブログ。
  2. 飛車先の歩を☗2六歩で保留しておくことがこの急戦のポイントなので、上図からの仕掛けという訳ではないが、ゴキゲン中飛車に対する先手の有力な急戦なので、リストに掲載している。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
久保の中飛車amz久保 利明マイナビ2013
菅井ノート 後手編 (マイナビ将棋BOOKS)amz菅井 竜也マイナビ2012
ゴキゲン中飛車の急所 (最強将棋21)amz村山 慈明浅川書房2011
マイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破りamz中村 太地毎コミ2011
遠山流中飛車急戦ガイド (マイコミ将棋BOOKS)amz遠山 雄亮毎コミ2010
マイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイドamz遠山 雄亮毎コミ2009

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+169GPSfish 0.2.1+r28372015/01/17▲4八銀(39)探索深さ:29/40 探索局面数:527990986

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
        
 
       


注目指数 1936
見る



       
 
        
         
        
 
       


注目指数 736
見る



       
         
         
        
 
       


注目指数 590
見る



       
  
       
        
        
  
       


注目指数 395
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。