棋譜統計


解説

概要

角換わりの序盤。先手の作戦の分岐点である。

候補手

☗2五歩

保留していた2筋の歩を伸ばす手。☗2五桂と跳ぶ余地を無くす手で、角換わり棒銀へ進むことが多い。

☗3六歩

次に☗3七銀と上がって早繰り銀にする手や、右玉にする手が考えられる。

☗4六歩

腰掛け銀を目指した手。後手が棒銀にした場合は、警戒して右玉にすることもできる。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+76dolphin 1/illqha 1.12020年1月☗3六歩☖6四歩探索深さ:34/45 探索局面数:961,608,093

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。