棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

石田流の中でも「菅井新手」と呼ばれる変化の基本図である。
初手より▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△8五歩▲7六飛として現局面となる。
古くは江戸時代の定跡書にも示されていた手であるが、2000年代の石田流の流行の中で菅井竜也四段(当時)が公式戦で始めて指したため、この名がついた。
その後研究が進み、後手からの急戦は先手良し、先手からの急戦は難解な形勢とされている。
2015年現在、プロ間では石田流に対する6手目△8五歩が減少傾向にあり、加えて石田流も当時ほどは流行していないことから、この局面は現在はほとんど見られない。
アマチュアでは、石田流の使い手を中心に時々見られる。もっとも▲4八玉と升田式石田流を目指す方が多数派であり、この手自体は少数派となっている。

候補手

△8八角成
もっとも自然な手で、以下▲同銀△3二銀△2二銀が予想される順[1] 。この後先手から急戦を目指す手もあるが、形勢は難解。駒組みを進めると升田式石田流に合流する。
▲同銀△4五角は、▲6六飛△2七角成▲7四歩△同歩▲5五角△2二銀▲3六歩として次に▲6三飛成の狙いが受からず後手苦戦とされている(△6二銀には▲2二角成、△6二飛にも▲9一角成がある。[2] ひねって、△6四歩という手はあるものの▲同飛△3六馬に▲7二歩が妙手である。また、平成に入って一号局の菅井谷川戦では、△2六馬▲5八玉△5四歩▲8二角成△同銀▲6三飛成△5二金右▲5四龍△6六歩と乱戦になっている。)。
△6二銀△4二玉
穏やかな指し手であるが、いずれも▲7七桂として角道を止めてから軽い形で駒組みを進められるため、先手に不満はない[3]

脚注

  1. 素敵三間飛車参照
  2. 「久保の石田流」参照
  3. 「久保の石田流」参照

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
菅井竜也谷川浩司王位戦2010/11先手勝一号局、△8八角成▲同銀△4五角棋譜
久保利明渡辺明棋王戦2011/2先手勝△8八角成▲同銀△2二銀棋譜
久保利明郷田真隆棋王戦2012/3後手勝△8八角成▲同銀△3二銀棋譜

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
久保の石田流amz久保 利明毎コミ2011194先手十分戦える

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。