棋譜統計


解説

様子見の一手。

先手振り飛車の場合

☖8四歩ならば☗6六歩で藤井システムか、☗5六歩で先手番ゴキゲン中飛車、ダイレクト向かい飛車の出だし。
☖4四歩、☖4二飛などで後手が振り飛車を明示すると、先手は居飛車で飛車先不突きにできるメリットがある。
☖1四歩にすぐに☗6六歩とすると、後手居飛車ならば穴熊に組みづらく先手の得だが、相振りにされて☗1六歩が端攻めを誘発する悪手になるおそれがある。そこで☗9六歩と逆側の端歩も突き、さらに様子を見る手法が考案されている(☖9四歩と受ければ相振りになっても端の関係はイーブンとなる)。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-3YaneuraOu KPPT 4.80/aperypaq2018年3月☖8四歩☗2六歩探索深さ:34/49 探索局面数:1,183,204,435
+35dolphin 1/illqha 1.12020年9月☖8四歩☗2六歩探索深さ:34/44 探索局面数:7067,24,152

本局面を解説内で参照している他の局面




       
         
         
        
 
       


注目指数 35727
見る



       
 
        
         
        
 
       


注目指数 26330
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

攻めるメモk_tp26ヶ月前111ビュー