棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

後手四間飛車穴熊対居飛車穴熊の相穴熊戦において、後手が▲9八香を見てから△5四銀と上がった局面。
次に△6五銀~△7六銀の玉頭銀に対して先手にはいくつかの受け方があり、それによって今後の展開も変わってくる。

後手の対応

主に▲6六歩と▲6六銀の2つがある。なお、▲9八香と指しているためここから銀冠を目指すのはやや損な作戦である。

▲6六歩

▲6六銀と比べて穏やかな受け方で、ここからお互い堅く組み合う展開になりやすい。
後手は右四間飛車に振りなおし、玉頭から戦いを起こす作戦(参考図)が有力である。

▲6六銀

次に▲5五歩の狙いがあり、▲6六歩と比べて激しい展開になりやすい受け方である。
▲6六銀以下△6四歩▲5五歩の進行が一例で、後手は△6三銀と引いて穏やかに指すか、△6五銀とぶつけて激しい展開に持ち込むかを選ぶことになる。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+161GPSfish 0.2.1+r28372015/3/8▲6六銀探索深さ 25/36

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。