棋譜統計


解説

概要

横歩取り☖3三桂戦法の基本図。
昭和30年代に現れた指し方で、平成に入ってから一時期プロの将棋で多く指された作戦。先手に有力な対策が発見され下火になった。

候補手

☗2四飛
☗2四飛として次に☗2三歩を狙うのは後手の思惑通りで、以下☖4五桂☗2五飛☖5七桂成☗2二飛成☖同銀☗2四角と進み、形勢互角ながら後手から注文をつけた乱戦となる。
☗5八玉
現在では☗5八玉と中住まいに構えるのが主流となっている。以下☖1四歩☗3六飛☖8四飛と進むのが一例。
③その他
他に☗3六飛☗4八玉も指されている。☗8七歩は「羽生の頭脳」において先手不利と結論づけられている。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
超急戦横歩取り (将棋最強ブックス)amz高橋 道雄創元社201110
羽生の頭脳10―最新の横歩取り戦法amz羽生 善治日本将棋連盟199464

本局面を解説内で参照している他の局面

横歩取り

歩2
 
       
   
        
         
       
   
       
 

歩3
注目指数 6069
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

固めるメモk_tp15ヶ月前109ビュー