棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

後手四間飛車藤井システム対左美濃の基本図となる局面で、先手の作戦の分岐点である。
後手の作戦は(対左美濃)藤井システムと呼ばれるもので、四間飛車の使い手である藤井猛が考案した左美濃対策である。
△7一玉型で△6四歩~△7四歩~△7三桂を急ぐのがこの戦法の特徴で、後に8筋方面で戦いを起こしていき、そのときに自玉を戦場から遠ざけている意味がある。

後手の作戦

▲3六歩の急戦と▲6六銀の持久戦が主に考えられる。

▲3六歩

▲3六歩は次に▲3八飛から▲3五歩△同歩▲4六銀と仕掛けるのが主な狙いである。
対して後手は△8四歩と突き、玉頭への攻めを狙っていく。
▲3六歩△8四歩以下、▲3八飛△6三金▲3五歩△同歩▲4六銀に△4五歩と反発し、▲3三角成△同銀▲3五銀に△4六歩▲同歩の突き捨てから△2七角▲3七飛△5四角成と馬を作る進行が一例。以降は△7五歩が厳しい攻めになる。

▲6六銀

▲6六銀は次に▲7七銀引~▲6六歩~▲6七金の四枚美濃(参考図)に組んで玉を固める狙いである。
そこで後手は△6五歩と突き、▲6六歩~▲6七金の理想形を阻止する。
▲6六銀△6五歩以下、▲7七銀引に△4五歩と突く。▲7九角に△4三銀として▲2四歩の仕掛けを受けておき、以降は攻めを狙う▲3六歩や後手の△8四歩を警戒して▲5七角と上がる進行が一例である。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
居飛車穴熊撃破―必殺藤井システム (パーフェクトシリーズ)amz藤井 猛日本将棋連盟199716

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
0GPSfish 0.2.1+r28372015/5/26▲6六銀探索深さ 23/34

本局面を解説内で参照している他の局面

左美濃


    
     
  
     
        
     
   
     
    


注目指数 265
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。