棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

候補手

▲6八銀
矢倉を目指す一手で△8五歩には▲7七銀を見て、最も主流となっている。同じ矢倉を目指す一手でも、▲7八銀とは趣向が異なり、中央に厚く▲7八金~▲6九玉の含みがあるため、▲7八銀より多く指されている。
含みを残す意味でツノ銀中飛車を目指す際にも指される。また、▲5六歩~▲5七銀~▲7八飛(▲6八飛)のような指し方も可能である。
▲6八飛
四間飛車を目指す一手。四間飛車党で他の形の振り飛車を指さない人にとっては、▲7八銀より含みが広い。
▲7八飛
三間飛車を目指す一手。以下△8五歩▲7七角と形を決められることになるので、ここから1手損して向かい飛車を目指すこともできる。
▲7八銀
振り飛車と居飛車(矢倉)の両方の可能性を含みにした一手。
▲1六歩
藤井システムと相居飛車を天秤にかけた手。このタイミングで端歩を突かれると後手は、すぐに△1四歩とは受けにくい。というのも、居飛車のまま▲2六銀~▲1五歩△同歩▲同銀と端攻めされる可能性や、先手に振り飛車にされたときに、一手手が遅れる上先手からの端攻めが早くなるため、穴熊には組みにくくなるからである。
▲2六歩
居飛車の力戦を目指した一手。ここで▲2六歩とすると△8五歩には▲7七銀とできず、▲7七角と受けることになるため、定型の相矢倉戦にはなりにくく、▲6八銀と比べて、実戦例の少ない力戦形の相居飛車の戦いになりやすい。  

本局面を解説内で参照している他の局面




       
 
        
         
       
  
       


注目指数 944
見る



 
      
 
        
         
       
  
       


注目指数 335
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。