棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

後手四間飛車対左美濃において、作戦の分岐点となる局面。
なお、現在左美濃に対しては△7一玉まで囲ってから玉頭戦を狙っていく「藤井システム」が振り飛車側の有力策とされている。

先手の作戦

ここから先手は▲3六歩~▲4六銀と急戦に出るか、▲6六銀~▲7七銀引として4枚美濃に囲う持久戦を目指すのが主な作戦である。

▲3六歩

基本的に急戦を狙った一手。
以下△7四歩▲4六銀△5四歩▲3五歩△3二飛の進行が一例で、終盤に横からの寄せ合いになれば左美濃の堅さが生きる展開となる。
ただし先手玉は上部からの攻めに弱いため、後手からの玉頭攻めには注意が必要である。

▲6六銀

持久戦を狙った一手。
先手は以下▲7七銀引~▲6六歩~▲6七金として高美濃や銀冠へ囲いを発展させていくことが狙いで、先手玉が後手玉と同等かそれ以上に堅くなれば作戦勝ちが見込める。

▲6六歩

こちらも持久戦を狙った一手で、高美濃や銀冠への発展を目指す指し方。
前述した4枚美濃に組む作戦に比べ玉の堅さは劣るが、バランスのとれた陣形を作ることができる。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。