棋譜統計


解説

矢倉24手組の手順中。
「後手矢倉中飛車」と呼ばれる急戦の定跡中に、▲7七銀と上がっていると△7三桂~△8五桂~▲6八銀と手損をして引かされる変化があるので、それを警戒して▲7七銀を保留し▲6七金と備えている。
現在は、この手順で「矢倉中飛車」が芳しくない為、プロ間では後手がその変化を捨て△7四歩を保留して△5二金と先に決めてしまう局面も多い。
だが、そうすると先手も▲6七金を保留し▲7七銀から角の動きを楽にしながら駒組みを進められるため、一長一短のようだ。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
早分かり 相矢倉 定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz所司 和晴マイナビ201316基本図

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。