棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

初手▲7六歩に対し△6二銀と上がった局面。
第7期竜王戦1組出場者決定戦にて羽生善治が谷川浩司に対して指したことで有名になった。

2手目△6二銀の意図

ここで▲2六歩△3二金▲2五歩とすれば先手のみ飛車先の歩を交換できることから、振り飛車党に対し「居飛車はできますか?」という挑発の意味がある一手である。
羽生の当初の思惑は「飛車先の歩を交換されても中央の厚みで対抗できる」というものであったが、それを実現するのは難しいと自身で結論づけている。

候補手

▲2六歩

2手目△6二銀を咎め居飛車を明示する一手。飛車先の歩を交換することで主導権を握りやすくなる。

▲7八飛▲6八飛▲7五歩など

振り飛車を目指す一手。2手目△6二銀を咎めたことにはならないがそれで先手が悪いわけではない。
▲7六歩△3四歩▲6六歩△6二銀や▲7六歩△3四歩▲7五歩△6二銀の出だしに近い将棋となる。

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
谷川羽生竜王戦1994/05/16後手勝2手目△6二銀が有名になった局棋譜

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
イメージと読みの将棋観amz鈴木 宏彦日本将棋連盟200831

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。