棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

升田式石田流における代表的な局面の一つで、先手が美濃囲いを完成させたところ。

後手の方針

後手にとっては作戦の分岐点であり、△6四歩△8四飛の二つの手が有力である。
なお、△8六歩には▲同歩△同飛に▲2二角成△同銀▲8八飛の反撃があり問題ない。

△6四歩

後に△6三銀と上がって▲7四歩を防いでおく指し方で、△8四飛型に比べて銀を前線に出していく分積極的な構えといえる。
以下は▲7六飛に△8八角成▲同銀と角交換するのが定跡になっている。(角交換しないと▲3六飛の揺さぶりや▲6六歩から本組みを目指す手段が生まれる。)

△8四飛

飛車の横利きで▲7四歩を防ぐ指し方で、△6三銀型に比べて自陣に大駒を打ち込む隙が少なくなるのが特徴。よって先手も▲7七銀型から▲8六歩と突いて飛車交換に持ち込む作戦(参考図)は採りづらくなる。
以下▲7六飛△8八角成▲同銀△2二銀▲7八金△3三銀▲7七銀△9四歩が一例で、△9四歩によって△9三桂の余地を作り先手の攻めに備えている。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
石田流の基本―早石田と角交換型 (最強将棋21)amz戸辺 誠浅川書房201213

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-137GPSfish 0.2.1+r28372015/5/11△8六歩探索深さ 26/37

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。