棋譜統計


解説

☗7六歩☖3四歩の局面で☗1六歩の手渡しに対し、☖1四歩と更に手を渡された局面。
ここでの候補手は☖3四歩の局面に準ずるが、戦型を選択する上で1筋の突き合いが入っている点を考慮しなければならない。

候補手

☗2六歩
居飛車を目指す一手。☖4四歩や4二飛から対抗形に進めば1筋突き合いの影響はほぼ無い。
☖8四歩や☖3二金ならば☗6六歩として矢倉、その後☗2五歩~☗2六銀~☗1五歩の端棒銀を目指すのが有力である。
この場合、後手は急戦矢倉や右四間飛車に組むなど端棒銀を間に合わせない工夫が必要になる。
☗7五歩☗6六歩
振り飛車を目指す一手。玉を右側に囲うので端攻めに注意する必要がある。
後手が居飛車の場合は穴熊を牽制している点で互角以上であるが、後手が振り飛車(相振り飛車)の場合は玉を固めることが難しく作戦負けになりやすい。
☗9六歩
反対側の端歩も突いて手を渡す。
後手が☖8四歩、☖4四歩など方針を決める手を指せばそれに対応すればよいが、☖9四歩ならばもう手渡しは出来ないため先手から方針を決めなければならなくなる。
☗9六歩☖9四歩の交換が入った局面は端の条件が対等となっており、現局面と比べ先手が振り飛車を目指す場合はやや得、居飛車を目指す場合はやや損である。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。