棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

後手は振り飛車と雁木を天秤にかけている。
従来は7手目▲6八玉がウソ矢倉などの相居飛車になると損とされていたが、雁木の見直しがあり、後手が作戦を保留するとこの局面になることが多くなった。

候補手

▲5八金右

現在の最有力候補手。相居飛車では無難な手で、対振り飛車でも▲4九金型のまま駒組みを進められることはまずないため、いずれ必要になる一手。

▲7八玉

対振り飛車の場合は無難だが、相居飛車で▲7八金型に組みづらくなる。

▲5六歩

対振り飛車の場合は無難だが、相居飛車で右四間飛車、早繰り銀などに組みづらくなり、先手矢倉などに作戦が限定される。

▲3六歩

相居飛車の場合は無難だが、対振り飛車で先手が持久戦の場合は不急の一手になる。

▲7八銀

相居飛車の場合は無難だが、対振り飛車で先手の囲いが左美濃に限定される。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。