棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

角換わりの先後同形腰掛銀から▲4五歩△同歩▲2四歩△同歩▲1五歩△同歩▲7五歩△同歩▲3五歩と進んだ局面。
歩を突き捨てる順番が重要であり、木村定跡と同様に▲4五歩△同歩▲3五歩では後手に△6五歩と変化する余地を与える。 以下▲6五同歩△4四銀と進んだ局面では後手に△6五桂の捌きがあり、先手からの▲7五歩が間接的に緩和されている。 以降は先手が一方的に攻める展開にはならず、両者による攻め合いが想定される。
先手としては、後手に攻め合いにされるより、一方的に攻める展開にしたい。 そこで▲3五歩を後回しにして▲2四歩~▲1五歩~▲7五歩と仕掛ける順が考案された。 突き捨ての順の語呂合わせは「世に伊奈さん(42173)」。 こうして迎えた現局面は、△6五歩▲同歩の交換を許すことなく仕掛けることに成功した。
現局面以降は△4四銀▲2四飛△2三歩▲2九飛△6三金▲1二歩△同香▲3四歩△3八角▲3九飛△2七角成▲1一角△2八馬▲4四角成△3九馬▲2二歩と進む「富岡流」が一例で、現在は先手良しが定説になっている。
後手としては、前述の富岡流に自信がある場合を除き、その前に変化する必要がある。 具体的には現局面から△8一飛と引く「渡辺流」、△35同歩と取って反撃する「中田流」、数手遡って△3三銀に代えて△6五歩▲同歩△3三銀と先に突き捨てを入れておく「ツツカナ新手」、桂頭の弱点を作らないために△7三桂と跳ねずに△3三銀とする、△6五歩を早めに取ることで△6四角の牽制をみせる、などが挙げられ、角換わり後手の課題となっている。

本局面を解説内で参照している他の局面

角換り相腰掛銀 先後同型

     
      
     
  
       
  
     
      
     

注目指数 4976
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

(無題)その他murabito12342日前34ビュー