棋譜統計


解説

後手側から角交換をした後、先手が☗6八玉と玉の囲いを目指した局面。後手の作戦の分岐点で角交換振り飛車や一手損角換りに進展する。

候補手

☖4二飛

角交換四間飛車を目指した一手。構えが低く、スキが少ないのが特徴。後手はこの飛車を、あとで2筋に振り直すことが多い。
ならば最初から☖2二飛と振れないかと考案されたのがダイレクト向かい飛車である。

☖2二飛

ダイレクト向かい飛車を目指した一手。☗6五角の筋が気になるが、対策がある。

☖6二銀・④☖7二銀

一手損角換りを目指した一手。どちらを選んでも同様の局面に合流することが多い。

☖9四歩

様子見の端歩突き。☗9六歩と受ければ端攻めを含みに一手損角換わりに、端を受けなければ☖9五歩と端を詰めてから角交換振り飛車にする。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。