棋譜統計


解説

概要

ダイレクト向かい飛車において、先手が☗6五角と角を打って馬作りを目指した局面。8三と4三の地点を同時に受ける手段はない。この手に対する対策がなければ、ダイレクト向かい飛車は成立しないという、重要な局面である。

候補手

☖7四角

最善と考えられている手。対して先手は☗7四同角と角交換する手と☗4三角成と当初の狙い通り馬を作る手段に分かれる。
☖7四角に☗同角の変化
以下☖同歩と角交換になる。ここで☗7五歩と攻めを続ける順と自陣を整備する順に分かれる。
☖7四角に☗4三角成の変化
☗4三角成に対しては、☖4二金☖5二金左☖5二金右と馬を殺す3つの手段に分かれる。対して先手は、馬を切って☗7五金と打ち角を取り返す順と、☗7五歩と角を取り返す順に分かれる。

その他

平凡に☖7二銀☖5二金左と受けるのは馬を作られて後手が悪い。
☖7四歩という手筋(☗7四同角なら☖7二銀で受かる)もあるが、☗4三角成で先手良し。

参考データ

類似局面

変化点リンク
☗7八玉☖6二玉の交換が入っている形。この形であれば☖7四歩が成立する。Go

本局面を解説内で参照している他の局面



 
        
        
         
       
  
     
   

注目指数 1032
見る


 
        
        
         
       
  
     
   

注目指数 975
見る


   
       
 
       
         
       
  
     
   


注目指数 430
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。