棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

☗7九玉・☖3一玉型の先後同型から、☗8八玉と入城した局面。
これに対し、後手も☖2二玉とするのは、☗4五歩以下の木村定跡によって先手勝ちの結論が出ている。そこで後手は☖6五歩から仕掛けることになるが、これは木村定跡を先後逆にしたような変化となり、後手が快調に攻めることが出来る。そのため☗8八玉とは入らないのが普通。
ただし、木村定跡とは違って、後手は玉が一段目のまま☖6五歩と仕掛けているので、終盤に飛車打ちで王手される筋があり、一部攻め筋を変えないといけない。
木村定跡の終盤の局面(参考図)では、☗2三飛成☖同玉☗4四角成☖4三金☗4五銀が成立するのに対し、後手から攻める場合は☗2三飛成(すなわち☖8七飛成)ではなく、☗4四飛(すなわち☖6六飛)を選択することになる。[1]

脚注

  1. ☗板谷☖京須戦(順位戦・1957年12月)

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
板谷京須1957年12月順位戦後手勝

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
角換わり腰掛け銀研究amz島 朗毎コミ199417☗8八玉から木村定跡に持ち込むのは難しい

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-180dolphin 1/illqha 1.1 (YaneuraOu TNK NNUE)2018年9月☖6五歩☗同歩探索深さ:34/56 探索局面数:1,365,982,655

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。