棋譜統計


解説

先手の超速▲3七銀に対して後手が対策を選べる局面。次の手は△8二玉△3二金△3二銀が候補手だが前の二つは△3二金型の基本図に合流する。△3二銀は以降▲7八玉に△8二玉と△5六歩が考えられる。

各種の変化

△8二玉

▲4五銀と仕掛ける手は△4四歩▲3四銀△4二角▲2四歩△同歩▲2二歩△6四角で無理筋とされている。
▲6八銀△7二銀▲7七銀△5六歩▲同歩△同飛▲6六銀に△5一飛以外に△5二飛と引く手が有力とされている。[1]
また▲6八銀では▲5八金右も考えられ△5六歩に▲6六歩△5七歩成▲同銀上△4四歩▲6七金△4三銀▲5六銀の進行が予想される。

△5六歩

▲同歩△同飛▲3三角成△同桂で▲6五角・▲3五歩・▲2四歩などから先手が馬を作る展開になりやすい。

脚注

  1. 菅井ノート 後手編

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
菅井ノート 後手編 (マイナビ将棋BOOKS)amz菅井 竜也マイナビ2012
ゴキゲン中飛車の急所 (最強将棋21)amz村山 慈明浅川書房2011

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。