棋譜統計


解説

先手居飛車の▲5七銀左急戦に対し、後手四間飛車側が△4三銀と角頭を手厚くした局面。
△4三銀の一手により、後手は角交換を同銀と取れる形ではなくなっている。
そのため、△3二銀型の時には可能だった△4五歩の仕掛けが消えているほか、 先手からは角交換を狙った早仕掛けがある。

先手の作戦

この局面から先手がとれる作戦として、主に以下の3つが挙げられる。
  1. ▲4六銀~▲3五歩の 【斜め棒銀】
  2. ▲4六歩~▲4五歩の 【▲4五歩早仕掛け】
  3. ▲4六歩~▲3七銀~2六銀~▲3五歩の 【棒銀】
【4五歩早仕掛け】や【棒銀】を目指す場合、いったん▲6八金直と陣形を引き締め、△5四歩を突かせてから▲4六歩と突くことが多い。単に▲4六歩と突くと、後手に△5四銀から玉頭銀を狙われる変化がある。
▲6八金直に後手が玉頭銀の変化を残そうと△6四歩としてくれば、今度は▲4六銀から【斜め棒銀】を目指すのが有力な手段となる[1]

脚注

  1. 斜め棒銀の戦いになれば△6四歩の一手は角交換後の6四への角打ちを消してしまうことになる。△5四歩と突いて△1二香を間に合わせたほうが局面を有利に進められる。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
四間飛車がわかる本 (最強将棋レクチャーブックス)amz高野 秀行浅川書房200812
四間飛車破り【急戦編】 (最強将棋21)amz渡辺 明浅川書房20059

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
75GPSfish 0.2.1+r28372015年1月☗3七銀探索深さ:25/45 探索局面:938,459,527
-94NanohaMini 0.2.1.12015年1月☗3七銀探索深さ:30/42 探索局面:6,431,522,617
+95YaneuraOu 4.80/aperypaq2018年3月☗1六歩探索深さ:35/44 探索局面数:1,239,621,684
+131dolphin 1/illqha 1.12019年3月☗1六歩☖1四歩探索深さ:34/54 探索局面数:1,648,766,483

本局面を解説内で参照している他の局面

居飛車急戦


    
    
  
      
        
     
    
    
    


注目指数 5249
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。