棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

概要

ゴキゲン中飛車対超速において、振り飛車が銀対抗で応じた際に出現する事が多い局面。
▲6八銀は急戦志向の方針を示した手である。

歴史的背景

旧来の▲3七銀急戦から指され続けている局面であるが、5筋の位に対する価値観に変化があり目標とするはずの位を歩交換で捌かれてしまう事が増えて指されない時期が続いた。
超速の発見により5筋の歩交換を許さず現局面を迎える事が可能となり、銀対抗に対する有力手段として現在に至る。  

先手の方針

次に▲7七銀~▲6六銀として5筋の位を目標に進め、▲3七桂~▲4五桂で攻撃を組み立てる。
角のラインをキープする為に△2二角と引けば2筋交換が可能となり、△4二角と引けば▲5五銀左が実現する。
その他には▲6六歩~▲6七銀といった進行も考えられる。  

後手の対応

△7二玉

玉を深く囲い、居飛車の仕掛けに乗じて捌き合う方針。
美濃囲いや金美濃囲い、穴熊に組み固さで対抗する。

△7二銀

▲7七銀には△6四歩▲6六銀△6三銀▲3七桂△5四銀として4五への利きを足し、▲4五銀や▲4五桂といった仕掛けを封じる方針。
これを嫌い▲7七銀△6四歩▲3七桂△6三銀▲4五銀と仕掛けるか、△5四銀を許し固さ互角と見て穏やかに進めるかに分かれる。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。