棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

初期局面から▲5八玉と上がった局面。
Ponanzaをはじめとするコンピュータ将棋がときどき指すほか、ごく少数ながらプロの公式戦でも指されている。

相居飛車

相居飛車では▲5八玉型のまま戦う。 居玉を避けつつ4七・5七・6七の地点を守っているため、乱戦への対応がしやすい。

対振り飛車

振り飛車に対しては▲6八玉と一手損して玉を囲うことが多い。
その場合、先後が逆転して先手が振り飛車の対抗形に合流する。
総じてコンピュータ将棋は振り飛車の評価が低いため、後手番になっても相手が振り飛車なら十分戦えると見ている。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。