棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

▲7八金型の意味・流行度・副作用

▲7八金型は、ゴキゲン中飛車への対抗策の一つ。居飛車側の主な狙いとしては、次に▲2四歩△同歩▲同飛の飛車先交換を狙っている。
ちなみに、この一手前の局面で(▲7八金を入れずに)▲2四歩△同歩▲同飛の仕掛けを敢行すると、後手からの△8八角成▲同銀△3三角(飛車銀両取り)▲2八飛△2六歩▲7七銀(銀に紐をつけた)△2二飛のカウンターが生じる。7手目▲7八金は、金を8八の地点に利かせることによって、将来の△3三角(両取り)を未然に防ぐ意味がある。
▲7八金型は、対抗形としては変則的な出だしであり、力比べの手将棋になりやすい展開だと言える。プロの将棋界では、ゴキゲン中飛車の草創期に多く指された(1997年~2002年頃)。それ以後は、現在に至るまで指し続けられているが、数は少ない。ゴキゲン中飛車対策としては、他に有力な流行形が多くあり(超速▲3七銀(新)丸山ワクチン▲5八金右超急戦など)、現在は下火となっている形である。
▲7八金型の欠点としては、早々に形を決めている分、将来の陣形の選択肢が乏しいことが挙げられる。対抗形の居飛車側が、これほど早く▲7八金と上がる形は、非常に珍しい。対抗形における居飛車側は、通常は先に▲6八玉~▲7八玉と組み(船囲い)、それから戦い方(急戦か持久戦か/囲いは何にするか)を明示するためである。通常の▲6八玉~▲7八玉という組み方は、玉形の選択を保留することによって、後で多くの囲いを選択することができる利点がある(船囲い急戦、左美濃、穴熊、etc...)。この将棋のように、先に▲7八金と上がった場合、先手は穴熊や左美濃の可能性を自分で捨てることになる。
この先の居飛車側の順当な陣形としては、一例として▲6九玉~▲6八銀~▲6六歩~▲7九玉~▲7七角という形が想像し得る。しかし、振り飛車側の美濃囲いとの比較するならば、居飛車側が堅さにおいて相手に優ることは難しいように思われる。

各種の変化

概観

振り飛車側の次の一手としては、△6二玉△5五歩が代表的である。プロ棋戦の実戦例も、ほとんど(9割以上)がこの2つである。傾向としては、△5五歩は1997年度~02年度頃、△6二玉は2003年度以降に主に指されている。どちらを選んでも、その後の展開次第では合流する可能性がある。

8手目△5五歩

古い対策である△5五歩ならば、角道が一旦止まるため、居飛車側は安全に▲2四歩△同歩▲同飛の一歩交換を実現する権利を得る。その後の振り飛車側の対応としては、A.5筋の歩を交換して低い陣形から捌く指し方、B.飛車先交換を咎めにいく指し方(中飛車型石田流 ※後述)などがある。

8手目△6二玉

後に指されるようになったのが△6二玉だ。△6二玉の形は、角が睨み合ったままであり、キズがありそうにも見えるが、局面の均衡は保たれている。タイミングは違っても、部分的に良く見られる筋が2つある。1つは、▲2四歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀に対する△2二飛(飛車ぶつけ)▲2三歩△1二飛(or△5二飛)。もう1つは、後手が将来△3三角と上がった時の▲2四歩△同歩▲3三角成△同桂▲2三角△3二金▲3四角成△2五歩▲6六歩△5五歩~△5四飛。先手は馬を作ったものの、後手の持ち角+飛車の働きも大きい。
居飛車側が急に攻めてこなかった場合は、振り飛車側の戦い方は多様に分岐する。中飛車型石田流に合流することもあれば、現代的な角交換+片銀冠+向かい飛車の形に進むこともある。

中飛車型石田流について

この▲7八金型から派生する戦形として、振り飛車側が居飛車側の飛車先交換を積極的に咎めにいく、中飛車型石田流がある。このテーマ図から、△5五歩▲2四歩△同歩▲同飛△3二金▲6九玉△6二玉▲2八飛△2三歩…などと穏当に進めてから、後で△3五歩~△5四飛~△2四飛とぶつけ(飛車交換は陣形の差で振り飛車側有利)、居飛車側に▲2五歩を打たせて△3四飛と転回する構えである。
一般論として「一間飛びの位」は忌避されることが多い(2つの位を同時には保ちにくい、相手の押さえ込みに遭いやすい)ものの、特に初期のゴキゲン中飛車においては、振り飛車側が好んで採用した形であった。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
真・石田伝説―石田流の秘法を伝授 (MYCOM将棋文庫)amz-毎コミ2003
プロの将棋シリーズ〈1〉鈴木流豪快中飛車の極意 (プロの将棋シリーズ (1))amz鈴木 大介毎コミ2003
中飛車の基本 ゴキゲン中飛車編 (最強将棋21)amz鈴木 大介浅川書房2013174第4章第1図

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+93GPSfish 0.2.1+r28372015/01/17△6二玉(51)探索深さ:29/44 探索局面数:625883147

本局面を解説内で参照している他の局面

ゴキゲン中飛車


       
  
       
        
        
  
       


注目指数 2120
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。