棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

横歩取り・急戦型の出だし。
現代では、16手目の角交換に代えて△3三角と上がる手が主流となっている。 この局面から多くの戦法が現れるが、そのほとんどに先手良しの結論がでている。

各種変化

△4五角戦法
△2八歩~△4五角と進む。激しい戦いになる。谷川浩司が勝ち星を量産した。
現代では、研究が進み先手良しの声が多い。
相横歩取り
△7六飛と進む。互いに横歩を取っている為、駒割りにおいては互角。先手の指し手によって多彩な変化になる。20年ほど前では主流だった。
△3三角戦法
△3三角打と進む。▲2二歩を防ぎながら、△8八角成からの2枚替えを狙っている。
攻めが単純で先手に明確な受けが存在する為、先手良しの結論が出ている。アマチュアでの出現も稀。
△4四角戦法
△3八歩~△4四角と進む。上記の△3三角戦法に改良を加えたものだが、同様に先手良しの結論が出ている。やはり、出現は稀。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
横歩取り超急戦のすべてamz飯島 栄治マイナビ20148基本図

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+141GPSfish 0.2.1+r28372015/01/22△4四角打探索深さ:25/42 探索局面数:920872715

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。