棋譜統計


解説

概要

この局面は、相横歩取りにおいて後手が☖7六飛と横歩を取った局面から、☗7七銀☖7四飛☗同飛☖同歩と進んだ局面である。相横歩取り飛車交換型の基本となる局面である。ここから、①☗4六角の青野流、②☗8三飛の升田流、③☗8二歩の芹沢流の他に、④☗5八玉、☗2四歩、☗3八金のようにじっくり指す手が考えられる。また、江戸時代の大橋宗英の定跡書には⑤☗8八飛☖8二歩☗8三歩とあるがこれは現代では悪手と断定されている。プロの実戦では⑥☗7九金という手も試みられている。

主な変化

①☗4六角

☗8二歩☖同銀☗5五角が大山塚田時代の定跡であったが、☗4六角に対し仮に☖8二角☗同角成☖同銀☗5五角と進めば先手が一歩節約できるというのが青野新手☗4六角の主張である。青野流の☗4六角に対しては、飯野流の①-1☖8二角、屋敷流の①-2☖6四歩、真田流の①-3☖2七角、飯野流の①-4☖7三角や清水市代流の①-5☖8二歩が考えられる。
①-1☗4六角☖8二角
☗4六角☖8二角以下は、☗同角成☖同銀☗5五角☖8五飛☗8六飛☖同飛☗同銀☖2八歩☗8二角成☖2九歩成☗4八銀という手順が定跡化されている。途中の☖8五飛で後手良しが大正時代の定跡だったが、☗8六飛が大山新手である。☗4八銀以下は(①-1-ア)☖3八歩、(①-1-イ)☖2七角、(①-1-ウ)☖8八歩に分かれるが、☖8八歩は現在では悪手と断定されている。それぞれ進行の一例は、
(①-1-ア)☖3八歩☗8一馬☖3九と☗同銀☖同歩成☗同金☖5五角☗7二銀☖3七角成☗6八玉☖7六桂☗7七玉☖5九馬☗7六玉☖7五銀☗同銀☖同歩☗6六玉
(①-1-イ)☖2七角☗7二銀☖同金☗同馬☖4二玉☗2六飛☖4九角成☗同玉☖6九飛☗5八玉☖8九飛成☗7九歩☖2三歩
(①-1-ウ)☖8八歩☗8一馬☖8九歩成☗6三馬☖5二角☗7三馬☖6二歩☗6四桂
である。
①-4☗4六角☖7三角
△7三角は研究自慢のアマ高段者が現在でも得意にしていることがある戦法で、したがって簡単に先手が良くなることはないが、プロ間ではハメ手と認識されることが多い。△7三角以下は、▲同角成△同桂▲5五角△6五桂▲6六銀まではほとんど進み以下は、(1-4-1)△2八歩(1-4-2)△9五角(1-4-3)△8四角(1-4-4)△2五飛に分かれる。それぞれ一例は(1-4-1)△2八歩▲同銀△2七歩▲3九銀△9五角▲4八玉△5七桂不成▲同玉△3八歩▲4八銀△6九飛▲5八金△2九飛成▲5四歩△同歩▲1一角成△6九龍▲6八金左△4五桂▲5六玉△6八龍▲同金△同角成▲5三桂(①-4-2)△9五角▲5八玉△2八歩▲同銀△5七桂不成▲同玉△6九飛▲4八玉△8九飛成▲7九歩△8六桂(1-4-3)△8四角▲6五銀△5七角成▲4八銀△7五馬▲3三桂(①-4-4)△2五飛▲1一角成△2九飛成▲6五銀△4五桂▲5八玉△3七桂不成▲3八銀△4九龍▲同銀△同桂成▲5五馬△5九角

②☗8三飛

後手陣に飛車を打ち込み、確実に龍を作る狙い。後手は馬作りを狙う場合が多い。

③☗8二歩

以下☖同銀に☗5五角 とする。しかし☗8二歩に代えて☗4六角☖8二角☗同角成☖同銀☗5五角と進むと先手がより一歩得するので、☗4六角以下の手順の出現により廃れた。

⑥☗7九金

☗4六角以下の北浜新手の手順を避けるために試みられた手。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取りamz羽生 善治将棋連盟1994
マイコミ将棋BOOKS 乱戦!相横歩取りamz北島 忠雄毎コミ2011
研究で勝つ! 相横歩取りのすべてamz飯島 栄治マイナビ2015
決定版!横歩取り完全ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz吉田 正和マイナビ201540
早分かり 先手でも後手でも使える 横歩取り定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz所司 和晴マイナビ出版2016212

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+354aperypaq YaneuraOu KPPT 4.802018年3月☗4六角探索深さ:34/58 探索局面数:2,514,520,497

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。