棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

後手角交換四間飛車の基本図。
角交換振り飛車の代表格であり、手損にとらわれず自ら角交換する事により持ち角と▲8八銀型を強要した事で穴熊を牽制しているのが本戦法の主張である。 向かい飛車から逆棒銀を目指す実戦例が多く、それを警戒した駒組みで早めに▲4六歩を突けばそのまま△4四歩~△4五歩と仕掛ける場合もある。 なお、後手は△4四歩として角道を止める「ノーマル四間飛車」や△3五歩と突いて石田流を目指す「振り飛車4→3戦法」と変化することも可能である。

背景

旧来の四間飛車は、他の振り飛車も含め角道を止めるのが主流であったが、居飛車穴熊に組まれ美濃囲いの固さを主張できない点が不満であったことから、徐々に角道を止めない「△3三角戦法」や「ゴキゲン中飛車」が流行するようになった。ただ、角交換四間飛車は、穴熊に組み上げる「東大流レグスぺ」などアマチュア間で指されるのみで、プロ棋界ではほとんど指されなかった。
しかし振り飛車党の藤井猛が、角交換四間飛車に穴熊の他に美濃囲いや早囲い、金美濃、矢倉といった囲いのバリエーション、左銀を活用した逆棒銀、2筋の歩交換に△3一金の受けや、▲2四歩△2二歩の交換が凹まされた様で左銀の活用がしやすいなど従来の常識にとらわれない斬新な手法を開発したことで、徐々にプロ棋界でも見直されるようになった。その後も筋違い角や4→3戦法など振り飛車党の棋士により様々な工夫が加えられている。これらはゴキゲン中飛車が、居飛車側の対策である超速▲3七銀戦法に一時押されてたことも相まって、角交換四間飛車が流行する切っ掛けとなった。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
早分かり 角道オープン四間飛車 定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz所司 和晴マイナビ2014
角交換四間飛車破り 必勝ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz石田 直裕マイナビ2014
角交換四間飛車 最新ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz門倉 啓太マイナビ2013
角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz門倉 啓太マイナビ2013
角交換四間飛車破り (マイナビ将棋BOOKS)amz屋敷 伸之マイナビ2013
マイコミ将棋BOOKS よくわかる角交換振り飛車amz横山 泰明毎コミ2011

類似局面

変化点リンク
先手角交換四間飛車の基本図Go

本局面を解説内で参照している他の局面




       
 
        
         
       
  
       


注目指数 6725
見る



       
 
         
        
       
  
      
 


注目指数 281
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。