棋譜統計


解説

概要

後手が角道を止める一般的な中飛車に組んだのに対して、先手が居飛車急戦を目指した局面。先手の作戦の分岐点である。

候補手

☗5七銀右

次に☗4六歩~☗3八飛と組み、☗3八飛戦法に進む。

☗5七銀左

次に☗3七銀と上がり、棒銀に進む。対四間飛車棒銀の☖3二金型に似た変化になる。

☗5七金

次に☗4六金と出て、☗4六金戦法(金立ち戦法)に進む。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。