棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

△6二銀▲7七角と進行することが多い。
ここで△8六歩は、後手番のゴキゲン中飛車と同様に▲同歩△同飛▲5四歩!△同歩▲2二角成△同銀(1)▲7七角の飛銀両取り、あるいは(2)▲8八飛!の飛車ぶつけ(いわゆる飛車のぶっつけ)の返し技がある。これはゴキゲン中飛車や石田式升田流でも出てくる常套手筋であり、横歩取りなどの出だしにも通じる。
ただし、近年の研究では(△5二金右などと上がっていないこの形に限っては)(3)▲8八銀として、次に▲7七角または▲7五角を見せて、角打ちを含みにして戦うのが最善とされる。角は打ってしまえば決まってしまうが、駒台にあると無限の可能性を秘めることになる。後手は△8二飛と飛車を引いて受けるしかなく、以下▲8三歩(取れば▲7五角の飛車取りと角成りの両狙い)△9二飛のように進行するが、どこかで▲8八飛とまわって8筋逆襲の狙いがあり、わずかに後手不利と考えられている。
先手がこの激しい展開を避けるならば、1手前の▲5五歩にかえて▲4八玉などと角道を止めずに指すのが穏やかである。ただし妥協した順でもある。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。