棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

横歩取りの出だしからの変化。
上図は先手が☗7八金を省略して☗2四歩から飛車先の歩交換を試みた局面である。[1]
この局面における従来の見解は後手良しとなっている。たった7手で先手が悪くなることから「7手爆弾」と呼ばれることもある。
しかし、2016年以降プロの実戦例も数局存在し、実際には難解ながら互角の戦いとなる。
先手が通常の横歩取りを目指すのであれば、後手に乱戦の変化を与えないために、☗2四歩とせずに☗7八金が優る。
そのため☗2四歩自体はあまり指されていない。
棋士では神谷広志が多用しており、対して後手はすべて☖3二金と応じている。
上図以下☖同歩☗同飛と進み、ここで後手には2つの選択肢がある。

☖8八角成

積極的に7手爆弾を咎める手段である。
以下☗同銀☖3三角☗2八飛☖2六歩と進み、のちに☖2二飛と転回し2筋からの逆襲を目指す。
☖3三角に対して☗2一飛成と踏み込むのは、☖8八角成☗7七角☖8九馬☗1一角成☖3二銀打☗1二龍☖2二歩で、難解だが後手良しとなる。[2] [3]
一例として☖2六歩以下、☗7七銀☖2二飛☗3八金☖7七角成☗同桂☖2七銀と進むと、先手の飛車が捕まっている。
従来はこれにて後手良しと説明されていたが、実際には☗6六角などで難解な勝負となる。
また、☗7七銀では☖7七角成~☖2七銀を警戒して☗7七桂[4] や、☗4五角[5] という手もあり、いずれも難解である。

☖3二金

通常の横歩取りの定跡に戻す手段である。 以下☗7八金☖8六歩☗同歩☖同飛☗3四飛と進めば、横歩取りの定跡に合流する。
ただし、☖3二金に対しては☗7八金省略を生かして☗5八玉(都成新手)の変化が生じる。
以下☖8六歩☗同歩☖同飛には☗2二角成☖同銀☗7七角☖8二飛☗8三歩☖5二飛が一例。

脚注

  1. この仕掛けはゴキゲン中飛車に対してすぐに飛車先の歩交換を試みた場合によく似ている。そのため7手爆弾の定跡は、ゴキゲン中飛車の急戦定跡との類似点が見られる。
  2. 【実況解説】横歩を取れるようになる動画part1【基本図まで】 奇襲居飛車党であるプロパンゴリラ氏による横歩取りの序盤解説動画。7手爆弾の解説は5:33~。
  3. 手順内の☖3二銀打~☖2二歩には、2三、3三を守りつつ先手の龍と馬を端に封じ込める狙いがある。☖3二銀打をせずに☖2二歩を打った場合は、☗3三桂☖3二銀打☗4一桂成☖同玉☗1二龍 と進み、金桂交換の駒損となる。以降は形勢不明の乱戦となる。
  4. この手はゴキゲン中飛車の急戦定跡の☗7七桂と同じ意味であると思われる。
  5. 酒飲みが将棋にハマったようです。 7手爆弾?

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
松岡宗悦岩村検校不明1718-10-23先手勝☖8八角成の変化棋譜
高島直五郎伊藤看理将棋絶妙第090番1816-06-08先手勝☖8八角成の変化棋譜
石田和雄宮田敦史第63期順位戦C級1組9回戦2005-02-08後手勝☖8八角成の変化棋譜
千田翔太宮田敦史第74期順位戦C級1組8回戦2016-01-26先手勝☖8八角成の変化棋譜
都成竜馬八代弥第75期順位戦C級2組4回戦2016-09-29後手勝☖3二金☗5八玉の変化棋譜
千田翔太佐藤天彦第2期叡王戦決勝三番勝負第1局2016-12-04後手勝☖3二金☗5八玉の変化棋譜

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-26GPSfish 0.2.1+r28372015年1月☖2四歩 ※以降☖2六歩打の定跡を探索探索深さ:23/53 探索局面:1189540752
+112aperypaq YaneuraOu KPPT 4.802018年3月☖2四歩探索深さ:34/52 探索局面数:1,464,287,528

本局面を解説内で参照している他の局面




       
  
        
       
        
  
       


注目指数 3613
見る



        
  
        
       
       
  
       
 

注目指数 599
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面を参照している他局面のマイノート



       
         
         
         
       


(無題)研究yuuki2ヶ月前174ビュー