棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

上図は横歩取りの出だし(☗7六歩☖3四歩☗2六歩☖8四歩☗2五歩☖8五歩など)から、先手が金上がりを省略して☗2四歩から飛車先の歩交換を試みた局面である。[1]
この局面はすでに結論が出ており、プロの見解は後手良しとなっている。
たった7手で先手が悪くなることから「7手爆弾」と呼ばれることもある。
上図以下☖同歩☗同飛と進み、ここで後手には2つの選択肢がある。
  1. ☖8八角成から積極的に7手爆弾を咎める。
  2. ☖3二金から普通の横歩取りの定跡形に戻す。
後手が1を選択した場合は、☖8八角成以下☗同銀☖3三角☗2八飛☖2六歩で後手良しである。
後手が2を選択した場合は、☖3二金☗7八金☖8六歩☗同歩☖同飛☗3四飛と進み、普通の横歩取りに合流する。後手に普通の横歩取りに戻す権利があるのならば、そもそも▲2四歩とせずに、▲7八金とした方が後手に選択肢を与えずに済むという考え方もあり、▲2四歩自体はあまり指されていない。

定跡

(初手から)☗7六歩☖3四歩☗2六歩☖8四歩☗2五歩☖8五歩☗2四歩☖同歩☗同飛☖8八角成☗同銀☖3三角☗2八飛☖2六歩まで(後手良し)

プロの実戦では、いずれの対局も☖2六歩以下☗7七桂[2] ☖2二飛☗3八銀と進んでおり、ここまでの手順はプロ間においては定跡化した手順となっている。
また、上記定跡の13手目に先手が☗2一飛成とする変化は、以下☖8八角成☗7七角☖8九馬☗1一角成☖3二銀打☗1二龍☖2二歩で、難解だが後手良しとなる。[3] [4]
また、アマチュアの対局では☖2六歩以下☗4五角と進行する変化がある。

7手爆弾定跡の採用率

上記の通り、後手には7手爆弾に対してプロのお墨付きをもらった後手良しの定跡がある。
しかしプロ・アマ・ソフトを問わず、後手が7手爆弾の定跡に踏み込むことは少なく、普通の横歩取りに戻すことが多い。
局面ペディアの棋譜統計によると、7手爆弾の定跡にプロ・ソフトが踏み込む確率は10%以下で、しかもプロの実戦は先手の2勝1敗と先手が勝ち越しており、これでは定跡の結論に疑問を呈さざるを得ない。
プロの実戦は定跡以下いずれも乱戦模様になっており、「局面自体は後手良し、ただし後手勝ちきるのは大変」という実情が伺われる棋譜となっている。

脚注

  1. この仕掛けはゴキゲン中飛車に対してすぐに飛車先の歩交換を試みた場合によく似ている。そのため7手爆弾の定跡は、ゴキゲン中飛車の急戦定跡との類似点が見られる。
  2. この手はゴキゲン中飛車の急戦定跡の☗7七桂と同じ意味であると思われる。
  3. 【実況解説】横歩を取れるようになる動画part1【基本図まで】 奇襲居飛車党であるプロパンゴリラ氏による横歩取りの序盤解説動画。7手爆弾の解説は5:33~。
  4. 手順内の☖3二銀打~☖2二歩には、2三、3三を守りつつ先手の龍と馬を端に封じ込める狙いがある。☖3二銀打をせずに☖2二歩を打った場合は、☗3三桂☖3二銀打☗4一桂成☖同玉☗1二龍 と進み、金桂交換の駒損となる。以降は形勢不明の乱戦となる。

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
石田和雄宮田敦史第63期順位戦C級1組09回戦2005-02-08後手勝後手が7手爆弾の定跡に踏み込んだ対局棋譜
高島直五郎伊藤看理将棋絶妙第090番1816-06-08先手勝後手が7手爆弾の定跡に踏み込んだ対局棋譜
松岡宗悦岩村検校不明1718-10-23先手勝後手が7手爆弾の定跡に踏み込んだ対局棋譜

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-26GPSfish 0.2.1+r28372015年1月☖2四歩 ※以降☖2六歩打の定跡を探索探索深さ:23/53 探索局面:1189540752

本局面を解説内で参照している他の局面




       
  
        
       
        
  
       


注目指数 1902
見る



        
  
        
       
       
  
       
 

注目指数 337
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。