棋譜統計


解説

概要

居飛車穴熊対振り飛車で、後手が四間飛車に振りなおして☖4五歩と突き、角道を開けつつ☖4六歩の仕掛けを見せた局面。「矢倉流中飛車」と呼ばれる、矢倉規広によって考案された居飛車穴熊に対する中飛車(三間飛車)側の対抗策の一つである。
「矢倉流中飛車」の狙いは☖4二銀~☖5三銀~☖6四銀と銀を繰り出し☖6五銀の仕掛けを見せることで居飛車に☗6六銀型に組ませ、それから四間飛車に振りなおしさばきを狙っていくことにある。銀を☖4二銀と活用する必要があるため四間飛車戦法で用いることはできないが、三間飛車戦法でも応用することができる。また、途中千日手の変化もあるため基本的には後手番での戦法である。
この局面での居飛車の応手によって振り飛車の方針が変わっていく。

候補手

☗2六飛

飛車を浮いて☖4六歩を受ける自然な手だが、以下後手は☖7二銀☗8八銀に☖4四角と飛車取りに当てる。☗2八飛では☖3三角で千日手になってしまうので☗3六飛だが、☖3二飛として次に☖3五歩☗2六飛☖3六歩の決戦か、☖3五歩~☖3四飛~☖3三桂と石田流への組み換えを狙う。
また、この局面では☗8八銀が入っていないため、☗2六飛に☖4六歩☗同歩と突き捨てて飛車先を軽くしてから☖6五銀とぶつける手も有力である。以下☗同銀には☖7七角成☗同桂☖4四角の両取りがある。

☗4八飛

飛車は使いづらくなるが、4筋を手堅く受ける手。
後手は☖9二香から相穴熊にし機を見て袖飛車からの仕掛けを狙う手や、☖7二銀☗8八銀に☖2二飛と動き以下☗4六歩☖同歩☗同飛には☖4二飛で飛車交換を狙っていくのが有力である。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
マイコミ将棋BOOKS 西川流振り飛車 居飛車穴熊破りamz西川 和宏毎コミ2011

本局面を解説内で参照している他の局面

中飛車


 
      
  
       
         
      
   
      
 


注目指数 641
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。