棋譜統計


解説

概要

嬉野流の序盤で、先手の作戦の分岐点である。

候補手

☗7九角

2筋突破を目指すと共に、後手棒銀に備えた手。

☗5七銀

特に新嬉野流と呼ばれる順で、後手の8筋交換に備えて5六の歩を守った手。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-32aperypaq YaneuraOu KPPT 4.802018年3月☗4八銀探索深さ:34/46 探索局面数:768,787,504

本局面を解説内で参照している他の局面




       
 
        
         
        
 
      
 


注目指数 280
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。