棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

先手三間飛車対右四間飛車の基本図となる局面。[1]

予想される展開

後手の作戦はここから△6五歩の急戦か、△3三角の持久戦に大別される。
△5二金右として玉を固めるのは▲7五歩と伸ばされ、7筋方面の薄みを突かれる心配がある。
具体的には、そこで△6五歩と仕掛けても▲7四歩△同歩▲同飛△7三歩▲7六飛△6六歩に▲8六飛とされ、以下△8二飛には▲7二歩の垂らしがあり受けに困る。

△6五歩の場合

▲同歩と取り、△同銀に▲2二角成△同銀と角を交換してから▲7七銀と上がる。なお、後手から角交換して▲同飛と取らせるのは手順に飛車を移動させてしまい損になる。
▲7七銀以下、
  1. △6六銀には▲同銀△同飛▲6七歩△6四飛▲8八飛[2] として後に8筋の薄みを突いていく。
    (手順中▲6七歩に代えて▲6八飛とぶつけるのは△同飛成▲同金に△6二飛▲6七歩△8八角から一方的に駒を取られてしまう。)
  2. △6六歩と抑えてくれば▲6八歩と低く受けておき、以降は向かい飛車に振りなおして8筋を狙う。
いずれも局面を治めてしまい、8筋から攻めていくのが有効である。

△3三角の場合

▲7五歩から石田流本組みを目指す。▲9七角型に構えることができれば▲7四歩の仕掛けがより強力になるため、作戦勝ちが狙える。

脚注

  1. 石田流の場合▲2八玉に代えて▲7五歩とした局面(参考図)になるが、同様の手順が応用できる。
  2. △6九銀の受けであり、石田流の場合は▲7六飛で良い。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
0GPSfish 0.2.1+r28372015/5/6△6五歩探索深さ 22/35

類似局面

変化点リンク
石田流の場合Go

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。