棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

後手番ながら石田流を志向した局面。 なお、△3五歩を突かずに△4二飛~△3二飛と指す場合や居飛車の対応をみて飛車を4筋に置いたまま指す場合もある。

背景

旧来より石田流(後手番なら△3四飛型)は振り飛車の理想形とされてきた。しかしながら、後手番で一直線に石田流を目指す順(▲7六歩△3四歩▲2六歩△3五歩~△3二飛など)は乱戦含み(▲6五角の筋がある)になるため振り飛車が避ける傾向にある。
この局面は、従来は△3五歩~△4二飛~△3二飛の順で石田流を目指す「3・4・3戦法」で現れていたが、4手目△4二飛が流行していることもあり、近年では△4二飛~△3五歩~△3二飛(△4二飛~△3二飛~△3五歩)と組む「振り飛車4→3戦法」で現れてきており、いずれも一旦△4二飛として△4三歩にひもをつけ△7二玉と移動するのを待つことで、上記の▲6五角の筋を防いでいる意味がある。
なお△3五歩と突いても石田流に組まずに4筋から動く実戦例も増えている。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
現代振り飛車はこう指せ! (マイナビ将棋BOOKS)amz佐々木 慎マイナビ2015
早分かり 角道オープン四間飛車 定跡ガイド (マイナビ将棋BOOKS)amz所司 和晴マイナビ2014
振り飛車4→3戦法 (マイナビ将棋BOOKS)amz戸辺 誠マイナビ2013

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。