棋譜統計


解説

概要

先手石田流の序盤戦で、後手が☖6二銀と上がった局面。先手の分岐点である。後手からは次に☖8八角成☗同銀☖4五角と馬を作る狙いがあるので、それを防ぐのが一般的である。

候補手

☗3八玉

玉を囲い、升田式石田流や石田流本組を目指す手。プロの主流である。

☗7四歩

奇襲戦法である早石田に向かう手。かつては☖7二金と受けられると無理筋とされていたが、それに対する久保新手☗7五飛の登場によりプロ間でも復活している。

☗7六飛

石田流の浮き飛車に構え、後手の飛車先交換を拒否する手。以下☖8八角成☗同銀と角交換をしてから囲い合い、升田式石田流に進む場合が多い。

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。