棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

先手居飛車穴熊 対 後手四間飛車△4四銀型で、
先手の飛車先の突破を目指す為に2筋・3筋の歩を突き捨て▲2四飛と走った手に△2二歩と受けた局面。

候補手

▲2五飛

▲2五飛は次に▲4五歩△6二角▲6五歩を狙った手である。 後手は予め△4五歩と打って防ぎつつ、
次に△4五歩や△4九飛成を狙う手と△8五桂で先手の角を7七の地点からずらしつつ銀を捌きにいく手がある。
▲2五飛に対し△4五歩
△4五歩には▲3七桂と進み、△6五歩の攻め合いには▲5六歩で金銀交換を強要する。
▲5六歩に△6六歩には▲5七金が飛車取りになり先手の銀得。
▲5六歩に△6六銀なら▲同金△同歩で▲4五飛が狙えるが一度▲6四歩で形を乱してから▲4五飛で先手有利。
戻って▲2五飛に△4五歩▲3七桂の進行に△4七飛成の桂取りの進行は、
▲4五飛以下△3七竜に▲5六歩で銀取りかつ、銀が逃げると角が取れる手を見せる。
△3四竜なら▲5五飛以下2枚替えで先手の飛桂と角銀の交換で先手陣は2枚飛車に強い構えなので先手指しやすい。
▲2五飛に対し△8五桂
△8五桂には▲8六角と逃げる。すぐに△6六銀は▲8五飛で桂の素抜きがあるので
△4七飛成として次に△3六竜で先手の飛車を追い回す手を見せるが▲5六歩が間に合い、飛車と角銀の交換で先手指しやすい。
△4七飛成に代えて、先に△5六歩として先手からの▲5六歩を防ぐ手は▲4五歩と打たれて
角が逃げると▲2二飛成があるので△2六飛以下▲同飛△同角▲4一飛で先手有利。

本局面を解説内で参照している他の局面

居飛車穴熊 対美濃


     
      
  
    
       
     
   
    
     


注目指数 435
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。