棋譜統計


解説

概要

7七の地点で角交換が行われた局面。角換わりの入口である。

角換わりとは

相居飛車において、序盤に角交換をする戦法をさすが、狭義には先手・後手が手の損得無く同型に進み得るものをさす。後手が故意に一手損して進める角換わりは一手損角換わりとして区別される場合が多い。
先手・後手とも腰掛け銀・早繰り銀・棒銀・右玉などの作戦が考えられる。研究家の棋士が得意とする傾向にあり、最終盤まで研究が進んでいる形も多い。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-1YaneuraOu KPPT 4.80/aperypaq2018年3月☖2二銀☗4八銀探索深さ:34/41 探索局面数:1,052,054,290
+53dolphin 1/illqha 1.12019年7月☖2二銀☗3六歩探索深さ:34/47 探索局面数:1,368,411,487

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面の公開マイノート

固めるその他k_tp15ヶ月前42ビュー