棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

 この局面は初手から、▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲3八銀△2二銀▲2七銀△3二金▲3六銀△4二角▲4五銀△3三銀と進んだ局面である。途中▲3八銀がやや珍しい手で対して後手が振り飛車にしたり△8四歩とつくのも自然だが、△2二銀と正面から棒銀を受け止めに行き先手もその誘いに乗ったらどうなるかという局面である。

後手の対応

 この局面では、先手が銀で後手に圧力をかけており、そのため後手は矢倉にゆっくりと囲うことができない。また、次にいつでも先手から▲3四銀△同銀▲1一角成の筋があるので、それを考慮して後手は指し手を決める必要がある。以下で、後手の次の手について検討するが、結論から言えば(3)△5二飛で互角であるが、他の手で特に(1)△1二香を選び先手に正しく対応されると後手は大苦戦に陥る。

(1)△1二香

 △1二香は後手の角を成りこむ狙いを受けて自然だが、対してなんと▲3三角成という手が成立する。以下
(1-1)△3三同角は自然だが、▲8八銀と受けられると次の▲3四銀が受けられなく、まとめにくい後手が苦戦。
(1-2)△3三同金は▲3四銀を防ぐ手だが、俗に▲2二銀と打たれて困る。先手の狙いは次に桂香を拾うことではなく(それも含みとしてはあるが)、後手が玉を囲う場所をなくしつつ▲8八銀~▲3三銀成△同角▲3四銀でありこれがわかっていても非常に受けづらい。といってこの筋をくらうと後手は玉を囲う暇も駒をさばく暇もなく苦戦に陥る。
(1-3)△3三同桂は▲3四銀とされておいて後の▲2四歩△同歩▲同飛が激痛である。
  以上の理由から△1二香は悪手である。

(2)△3五歩

 (2)△3五歩は、▲3四銀△同銀▲1一角成の変化のときに3筋の歩を取れなくした意味である。(2)△3五歩に対してそれでも、
(2-1)▲3四銀△同銀▲1一角成△3三角 は後手さばけ形で先手不利なので、先手は自陣に手を入れるか(2-2)▲3三角成を選ぶことになる。
(2-2)▲3三角成△同桂▲3四銀 は(1-3)の変化と同じようでもここで△3六歩が効くのが後手の強み。以下▲同歩は△5五角で先手困るので▲3八金とするが以下△3七歩成▲同金に△4五角!が強手。以下先手は▲4五同銀△同桂▲4六金と応じるよりないが、当然△5七桂成とされ後手から次に△1五角の筋があるので先手は収集がつかない。
 以上から△3五歩に対して▲3三角成は悪手である。
  しかし、(2)△3五歩に対しては▲6八銀や▲6八玉や▲2六飛からじっくりと指して持久戦模様になったときに、△3五歩が後手にとって得になる展開は少なくやや先手ペースの戦いであろう。

(3)△5二飛

 (3)△5二飛は有力で
(3-1)▲3三角成△同金▲2二銀△6二玉 は(1-2)のときより後手の玉形がかなり安定しており後手ペースだろう。   そこで先手は(3-2)▲6八金のように一手待つが対して
  (3-2-1)△5四歩は危険で▲3四銀△同銀▲1一角成△3三角▲2一馬△9九角成と進んだときに▲7七桂と飛べる上に5三の空間が後手にとってキズになっている。 そこで後手は
  (3-2-1)△6二玉と指しておいて難解な将棋であろう。

(4)△8四歩

 (4)△8四歩も自然で、対して先手は初志貫徹する
(4-1)▲3四銀△同銀▲1一角成△3三角▲同馬△同桂の変化を選ぶのが自然だが、これは▲6八玉や▲8八銀から囲いあっても▲3六香といきなり打って行っても一局の将棋だろう。他に(4)△8四歩に対して
(4-2)▲7八金
のように持久戦にする変化も有力で、どちらかといえば先手を持ちたい人が多い将棋になる。
 

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+94 GIKOU_WIN_201606012016/08/16 △5二飛探索深さ 31/36 探索局面数 711560098

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。