棋譜統計


解説

上図は7手爆弾[1] に対する定跡手である☖2六歩に対して、☗4五角とさらに返し技を放った局面である。
7手爆弾の定跡は、ゴキゲン中飛車に対してすぐに飛車先の歩交換を試みた場合の定跡に類似している(☖8四歩~☖8五歩が☖5二飛~☖5四歩に変わっている)が、前者は☖5四歩の一手が入っていないため、上図のような角打ちの変化が生じる。
上図から☖2二飛と進むのが自然で、以下☗6三角成[2] ☖2七歩成☗7八飛[3] ☖7二銀☗4五馬と進行する。
以降の後手の方針は、持久策と決戦策(☖1五角)の2つがある。
  1. 後手が持久策を選んだ場合、☖3二銀☗2八歩☖2六とと進んだ局面は乱戦模様で、双方早い攻めはなく[4] 、先手が歩得しているため、後手指しやすいとは言いづらい局面である。
  2. 後手が決戦策を選んだ場合、☖1五角☗1六歩☖3七と☗1五歩☖2九飛成☗4六馬☖2六龍☗6八玉と進んだ局面は、先手に☗8二角・☗6四角・☗5五馬などの手があり、後手も大変である。
以上のことを考えると、後手は7手爆弾を無理に咎めにいこうとせずに、☖3二金として普通の横歩取りの定跡形に戻した方が無難であると言える。
実際に、7手爆弾は稀にプロの実戦にも現れるが、後手が☖3二金から普通の横歩取りに戻すことの方が圧倒的に多い[5]

脚注

  1. 横歩取りの出だし(☗7六歩☖3四歩☗2六歩☖8四歩☗2五歩☖8五歩など)から、先手が金上がりを省略して☗2四歩から飛車先の歩交換を試みる手順の通称。
  2. ☗6三角成とせず、☗7七銀と上がり☖8八角成の筋を消す手もあるが、後手に6三を守られ 打った角を有効に活用できず損となる。
  3. ☗7八飛に変えて☗6八飛という手も考えられるが、後手が☖1五角の決戦策を選択した場合、壁飛車の形になるので非常に危険である。具体的には☖1五角☗1六歩☖3七と☗1五歩☖2九飛成☗4六馬☖2七桂で後手良し。☗7八飛型の場合は、☖2七桂に対して☗1八角が好手で先手良しである。
  4. ただし、先手は3四の歩を取るタイミングには注意が必要で、☗3四馬以下☖3七と☗同桂☖3六歩の仕掛けが成立することがある。
  5. 局面ペディアの棋譜統計によると、プロの実戦で7手爆弾が現れた回数は38回で、その内35回は☖3二金から普通の横歩取りに戻っている。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-21GPSfish 0.2.1+r28372015年1月☖2二飛探索深さ:24/43 探索局面:516882187

本局面を解説内で参照している他の局面




       
  
       
        
        
  
       


注目指数 2938
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。