棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

この局面(▲2五歩)で一旦△6五歩▲同歩の突き捨てを入れてから一転して△3三銀と先手の飛先を受けた局面。単に△3三銀として升田定跡に入ると先手の猛攻が始まり、その後で△6五歩としても▲同歩と応じられず手抜きされ、反撃の機会を失う可能性が高い。それを防ぐためあらかじめ突き捨てを入れ、将来すぐに△6五桂と反撃できるようにする狙い。富岡流の名で知られる攻めの手順は、升田定跡から1, 2, 3, 4, 7筋の歩を突き捨てて▲7四歩を狙うが、△6五桂と逃げる場所を作っておくことで桂取りの狙いを甘くする意味を含む。

新手の起源

プロの公式戦では、船江恒平五段が2012年度のC級1組順位戦で採用したのが初出。コンピュータ将棋のツツカナを使って練習していたときにツツカナがこの手を指したことを船江五段が明かしており、ツツカナ新手とも呼ばれる。

代表的な変化

△3三銀に対して、プロの実戦では、▲6四歩▲6六銀が指されている。第27期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第1局では、▲6六銀△7五歩▲4五歩△同歩▲2四歩△同歩▲4五桂と進み、難解な攻め合いとなった。

代表的な実戦例

船江五段の1号局のほか、第27期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第1局にて、羽生善治名人が指している。

参考データ

有名局

先手後手棋戦対局日勝敗コメントリンク
糸谷哲郎羽生善治第27期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第1局2014年8月15日先手勝羽生善治名人が「ツツカナ新手」を採用棋譜

本局面を解説内で参照している他の局面

角換り相腰掛銀

     
     
      
   
      
  
     
      
     

注目指数 236
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。