棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

角換わり腰掛銀の先後同形において、両者とも▲8八玉△2二玉と入城した局面。
この局面は「先手勝ち」の結論が出されている上、一手前の△2二玉で△6五歩と仕掛ければ後手が良くなるとされているため、現在プロ間ではまず見かけない形である。
具体的には、以下▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲7五歩△同歩▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛△6三角▲1三歩△同香▲2五桂△1四香▲3四歩△2四歩▲3三桂成△同桂▲2四飛△2三金▲1一角△3二玉▲3三歩成△同銀▲4四桂△同銀▲2三飛成△同玉▲4四角成で先手必勝とされている。
この定跡は「木村定跡」と呼ばれ、現代の同形腰掛銀(▲7九玉△3一玉型)の仕掛けの下地にもなっている。

紛れと歴史

升田幸三以前は、▲4五歩△同歩▲7五歩△同歩▲4五桂で先手良しと認識されていたが、升田は以下△同銀▲同銀△8六歩▲同歩△5五角▲2九飛△6五桂(▲同歩には△7六歩がある)と指して後手良しの局面に導きこの定説を覆した。そこで考えられたのが▲7五歩に換えて▲3五歩とする作戦である。▲4五歩△同歩▲3五歩に△同歩とすると、▲4五桂で今度は△同銀▲同銀△5五角に▲2九飛~▲3四歩があるため先手が良くなる。そこで▲3五歩には丸田祐三流の△4四銀が本線の定跡となる。そこで▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛が定跡化された進行である。以下△6三金は▲7四歩△同金▲4一角△8四金▲4五銀、△7六歩は▲同銀△8六歩▲同歩△同飛▲8七銀、△6三角は▲1三歩△同香▲2五桂で先手が良くなるされている。

参考データ

本局面が掲載されている棋書

タイトル著者出版社発行掲載ページ局面評価
マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わりamz西尾 明毎コミ201158先手の必勝

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
+185GPSfish 0.2.1+r28372015/01/27▲4五歩(46)探索深さ:25/47 探索局面数:830756686

本局面を解説内で参照している他の局面

角換り相腰掛銀 先後同型

     
      
     
  
       
  
     
      
     

注目指数 3642
見る
角換り相腰掛銀 先後同型

     
      
     
  
       
  
     
     
      

注目指数 199
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。