棋譜統計

有名局 オンライン道場 Floodgate

解説

△5四角は、先手の角換わり棒銀戦法に対抗する代表的な定跡手。直接的には、先手が▲2四歩△同歩▲同銀と銀交換を挑む手を防いでいる。また、展開に応じて7六~8七の方面の利き、3二~2一方面への利きを生かす含みも持つ。

主な変化

▲2四歩

悪手。▲2四歩△同歩▲同銀△2七歩と遮断する手が飛銀両取りとなり、駒損必至で後手優勢。この△2七歩△5四角の直接の狙いである。また▲2四歩△同歩▲2六飛△2三金としっかり受けられて攻めが続かず、棒銀が進退窮まる。

▲3八角

△5四角に直接的に対抗する手。多くの実戦例がある。▲3八角と打っておけば、次に▲2四歩△同歩▲同銀△2七歩とされたとき▲同角△2四銀▲5四角△同歩▲2四飛と銀交換が達成できる。後手はこの手に対して、△2二銀と銀の当たりを避ける手や、3二~2一への角の利きを通して先手の銀交換に対する反撃を用意する△4四歩などで対抗する。

▲3六角

5四の角の利きを止める。▲3六角△同角▲同歩となれば先手の手得のようだが、3七の地点が空くことによるデメリットも生じる。具体的には、すぐに△1四歩とされたとき▲2四歩と攻められない(以下▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△1五角と王手飛車を喫し敗勢となる)。また、△6四角と後手から飛取りで反撃する手も生じる。

▲2六飛

▲5八金

棒銀の攻めをいったん断念する。今後は、先手だけが角を持駒にしている利点を生かすべく持久戦志向の駒組を目指すのが自然な構想となる。▲5八金は後手の速い攻めにも備えており、以下△6四銀▲6六歩△7五歩▲6七金△7六歩▲同銀と、角の利きを生かす後手の攻めに対抗する受けを用意している。

参考データ

ソフト評価値

評価値ソフト名確認日最善手確認環境
-145GPSfish 0.2.1+r29012015/02/11▲3八角打探索深さ:28/56 探索局面数:619683602

本局面を解説内で参照している他の局面

角換り棒銀

   
      
 
        
       
        
       
   

注目指数 1073
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。