棋譜統計


解説

△4五角(悪手)の飛取りに対する最善手。

主な変化

△2三歩

先に△2八歩▲同銀としていないため、△2三歩には▲2八飛と引くことができ、△6七角成▲同金△8八飛成を手順に防いで先手優勢。△6七角成とできないようでは後手の4五角は働きが乏しく、先手だけが角を持駒にしているのが大きい。

△6七角成

△2三歩と打たずに△6七角成と攻め合うのは、▲同金△8八飛成▲2一飛成の成り込みが大きく先手優勢。

本局面を解説内で参照している他の局面

横歩取り


 
        
   
        
         
       
   
      
  


歩3
注目指数 1615
見る
横歩取り

歩2
 
        
   
        
        
       
   
       
  


歩3
注目指数 1243
見る

マイノート欄

マイノートを作成するにはログインして下さい。

この局面に関連した公開マイノートはありません。